送料無料&全品5%OFF CBDストアはこちらから

CBDをペットにも与えたい!イヌやネコに対する安全性と与え方について。

「愛するペットにも、ずっと健康でいて欲しい…」
「CBDを摂取させたいけど、ペットにも安全なのかな…」
そんな悩みをお持ちではないでしょうか。

確かに、家族と同様のペットには、いつまでも健康で、そばにいて欲しいですよね。
実は、CBDは動物に対する効果についても研究が進められており、少しずつではありますが、明らかになってきているのです。
この記事では、ペットへのCBD投与の効果と実際の与え方、そして与える際の注意点について、詳しく解説します。

目次

ペットにCBDを与えても効果はある?

CBD(カンナビジオール)とは、ヘンプ(大麻草)から抽出される、カンナビノイドの1種です。
大麻の成分で有名なものは、大麻取締法の規制対象である、人をハイにさせる成分「テトラヒドロカンナビノール(THC)」です。
しかし、CBDは精神活性作用が一切なく合法であり、逆に安全性が高い成分となります。

人間には、「エンドカンナビノイド・システム(ECS)」が備わっています。
ECSは、呼吸器、循環器、消化器、排泄、神経、分泌、骨格、免疫など、全身のさまざまな系統を維持しており、健康を保つための非常に重要な役割を担っています。
そして、CBDを摂取することで、このECSの働きを助け、病気を未然に防いだり、症状を緩和したりすることができると言われているのです。

そして、同じ哺乳類であるイヌやネコにも、ECSは備わっています。
すなわち、人間と同じようにCBDを摂取することで、ECSが活性化され、ペットにおいても健康をもたらすのではないかと、期待されているのです。

CBDは、次のようなペットの病気や症状に効果があります。

・抗不安作用
・抗炎症作用
・鎮痛作用
・制吐作用
・抗てんかん作用
・抗ガン作用
・神経保護作用

実際の研究結果においても、CBDを投与されたペットは特に健康状態に異常が出なかったばかりではなく、睡眠障害や不安の解消、皮膚炎や食欲の改善などに役立ったと結論付けられています。

ペットへのCBDの与え方

人間用の製品ほどの数はありませんが、ペット用のCBD製品は多種多様に存在します。
インターネットで検索してみても、次のようなたくさんの製品が見つかるはずです。

・ビスケット、クッキー、その他のおやつ
・オイル、ティンクチャー
・バター
・カプセル
・局所用スプレー、軟膏

注意点としては、人間用の製品は与えない方が無難だということでしょう。
キシリトールや人工甘味料など、人間には無害なものでも、ペットには有害です。
もちろん、CBD入りチョコレートも毒性があるためNG。
気化したCBDの煙や蒸気を吸う電子タバコについても、ペットの肺を傷つける可能性がありますので、吸わせてはいけません。

おすすめは、CBDオイルを与える方法です。
オイルは、普段食べるドッグフードや水に混ぜられますし、量もコントロールできますので、選り好みするペットでも抵抗なく摂取できることでしょう。
与える分量も人間と同様、ペットによって個体差があります。
一部の研究では、多量の摂取で下痢や倦怠感を引き起こした、という報告もありますので、最初は少量を与えて、ペットの様子を注意深く観察し、慎重に探っていくことをおすすめします。

また、関節痛や皮膚炎などの症状には、CBD入り局所スプレーや軟膏、クリームを使うといいでしょう。

ペットにCBDを与える際の注意点

しかし、近年は少しずつ、科学的な論文や報告書が挙がってきています。

CBDをペットに与える際は、まずは獣医に相談するのがベストでしょう。
他の薬を処方されている場合は、飲み合わせの安全性などを医師に確認するのが確実です。

また、CBD製品は人間用と同様に、信頼できる販売元から購入しましょう。
サイトに、製品の成分表がきちんと記載している業者は、信頼できます。
製品の中に、農薬や重金属など健康を害する不純物が含まれていないか、確認しましょう。
製品の安全性は、むしろCBDの成分ではなく、製品の品質によって決まります。
もちろん、THCが入っていないことも大切です。
海外製品には、正規ルートで入ってきたものでも、極まれにTHCが含まれているものもあり、与えることで、ペットによっては、副作用を引き起こしてしまう可能性があります。

さらに、「一般社団法人日本薬用植物研究推進協会」など、第三者機関による検証と、安全性の確認ができているかどうかも、チェックすべきでしょう。

まとめ

以上、ペットへのCBD投与の効果と実際の与え方、そして与える際の注意点について、詳しく解説しました。

ストレス軽減やリラックス効果など、さまざまな健康効果があると近年注目されているCBDは、同じ哺乳類であるペットにも有効であることが分かってきています。

今回の記事を参考に、自分のペットに合った製品を見つけていただいた上で、愛するペットといつまでも、素敵な生活をお過ごしくださいね。

<参考サイト>

THE CBDの株式会社麻田製薬(Asada Pharma Inc.)
CBDやCBDオイルを猫や犬に与えても大丈夫?癌との関係性も解説
CBDやCBDオイルを猫や犬に与えても大丈夫?癌との関係性も解説CBDやCBDオイルをペットにも与えたいという人が増えています。本記事では、CBDやCBDオイルが猫や犬にも効果があるか、猫や犬にCBDを与えても副作用がないのか、また猫や犬...
THE CBDの株式会社麻田製薬(Asada Pharma Inc.)
アメリカでは犬や猫にCBD入りのペットフードをあげている?効果や危険性は?
アメリカでは犬や猫にCBD入りのペットフードをあげている?効果や危険性は?アメリカでは数百にもおよぶCBD製品が作られています。その爆発的な人気を背景に、今ではペット用のCBD製品も開発されています。CBD入りのペットフードの効果や懸念される...

https://www.projectcbd.org/ja/cbd-101/cbd-for-pets

https://takeuchi-md.jp/cbd/137

<参考書籍>

CBDのすべて
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B083J4XPJG

お医者さんがする大麻とCBDの話
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B095RVLF69/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらのボタンから!
目次
閉じる